願ったことは叶います。

これが「実現リモコン」のお話しです。

 

誰でも寝ていても努力しなくても

願ったことは叶います。

 

また、おさらいから始めましょう。

 

量子は、回転と同時に振動しているので

運動しながら波動を生んでいます。

 

それは人間の意思が働くまでは、

どう回転してどう運動するのかわかりません。

 

でも意思が働いたとたん、

回転方向を決め、波動を決め、

それに同調した量子が

同じ回転と運動を始めます。

 

これは人間も一緒です。

なぜなら、人間は量子の塊だからです。

 

例えば、テレビのリモコンで

「1」というボタンを押したとします。

すると、リモコンから「1」の波動が出ます。

 

テレビはその波動を受信します。

そうすると、「1」の番組が映ります。

 

これを言い換えてみましょう。

「1」という意思を出すまでは、

テレビはどうなるかわからない。

 

「1」という意思を出した瞬間に、

「1」という波動を出し、

それに応じたテレビがそれを映し出す。

 

まさに量子の世界そのものです。

 

我々の意思は、波動を生み出します。

その波動は、必ず何かに共振して

現実を生み出します。

 

それがどうやって現実になるかは、

我々が知る由もないし、

我々の仕事でもありません。

 

また、「どうやって現実になるか」とか

「いつ現実になるんだよ」といった疑念は、

別の結果を生み出してしまって、

折角の現実化をパーにしてしまいます。

 

望むことや欲しいこと、夢や希望など、

その気持ちを出すことで、現実は生まれます。

それが自然の摂理だから。

 

これが「実現リモコン」です。

疑ったり不思議に思うことは、

折角植えたチューリップの球根を

ドスドス踏みつぶしながら

花を待っているのと同じことです。

 

花が咲くのを待つ。

たったそれだけです。

 

これは経営者にとって、

とても必要なマインドセットです。

 

なぜなら、望む現実と同じ波動を

出し続けて待つ!

この気持ちの余裕が必要だからです。

 

これによって士魂商才の世界の土は

たくさんの栄養素と空気を含んで、

大きな大輪の花を咲かせます。