私は財務戦略コンサルタントとして、

会社の存続発展のアドバイスをしていますが、

その中身の多くは、

クライアントのビジネスモデルの構築支援です。

 

ビジネスモデルの構築支援は、

まず最初に、型というか

テンプレートがあるので、

誰でも簡単に、すぐにでもできる

「ブレないコンセプト」作りから

スタートします。

 

なぜ、財務戦略コンサルタントなのに

ビジネスモデル構築のような

経営コンサルタント的なことを

しているのかって?

 

それは、財務戦略という

「会社の存続発展のための道具」を

使う場所を作らないと

会社は萎んでいくだけだからです。

 

つまり簡単に言うと、

まず最初にクライアントには

「経営者としてのお金の使い方」と

「使ったお金を回収する方法」を

テンプレートを使って

私と一緒に作り上げてもらうんです。

 

そのテンプレートで重要となるのが、

「ブレないコンセプト」作りなんです。

 

分かりにくいかもしれませんので、

説明しますね。

 

どんな良い商品・サービスであっても、

売れないものは売れません。

 

また、巷で売れている

人気商品や人気サービスであっても

あなた自身に興味関心がなかったり、

愛情エナジーを注げなかったら

全く売れません。

 

あなたいったい何者なのか。

なぜ今、ここにいるのか。

本当は何がしたかったのか。

そう考える理由は何なのか。

誰を幸せにしたいのか。

 

などなど、根幹を探らないと、

絶対にうまくいきません。

 

なぜなら、根幹がない人は、

儲かることや生活のことなど、

利己的なことや些末なことを考えるだけで、

大義がないため

全ての言動に一貫性がないからです。

 

そこで、コンセプトとは何でしょうか。

 

コンセプトとは、簡単に言うと、

Why you(なぜあなたから買わなければならないのか)

Why me(なぜ私から買う必要があるのか)

Why now(なぜ今買わなければならないのか)

の三つの質問に答えることです。

 

この三つの質問に答えるためには、

自分自身の理念が必要です。

 

そして、理念をつくるためには、

倫理観を整える必要があります。

 

倫理→理念→コンセプト

→宇宙規模に無限大にあるやり方(ビジネスモデル)

 

これが、私の財務戦略コンサルティングです(笑)

これでクライアントの考え方と言動に一貫性が生まれ、

ビジネスモデルづくりに無限のアイデアがでてきます。

 

そうすると、どこにお金をかけたらよいのか

自然に浮かび上がってきます。

 

投資→回収→調達→投資→回収→調達→・・・・・

これが財務戦略の発展メソッドです。

 

ここに行き着く前の根幹のことを

一般に「真我」といいます。

真我の世界から物質世界に及ぼす経営が

実現リモコンを通じて

全てのことを可能にしていきます。

The following two tabs change content below.