先日聞いた起業家さんのひと言。

自分がどうなりたいのか。いつまでにどこまでたどり着きたいのか。

前までそこが曖昧で、曖昧ななりに進んでたんだけど、具体的になってきてる今、曖昧なときに良しとしてた行動をし続けても意味がないな、と。

続けることが成功の秘訣であることは間違いない。でも、続けること自体が目的になっては、これまた意味がない。

スタートアップのときって、やっぱり猪突猛進というか、寝る間を惜しんで徹底的にやりきることが大事です。

がむしゃらになってやる。行動『量』がすべて。

とにかく動く、行動する。動いてはじめて見えてくる景色があるのだから、この段階でそれは良し、なのです。

でも、いずれそれは限界が訪れるわけで。体力とかキャパの問題だけじゃなくて、成果自体も現れにくくなる。

そうなる前に、頑張り方を変えなくちゃいけないのです。行動の質というか。

①がむしゃらに突き進む→②限界が訪れる→③やり方を変える

ですよね。

限界が近づいてきたな、と感じたら、今までのやり方をがらりと変えなくてはならない時期に来ていると思ったほうがいいでしょう。

事業計画作成講座の詳細はこちらのメルマガで

The following two tabs change content below.
勝野 弘志

勝野 弘志

機械オンチ・戦略ニガテ・数字キライな女性起業家向けにビジネルモデル作り個別コンサルティングを提供。法人化など次のステップに進みたいと願う女性起業家から好評を得ている。