会社経営にとって重要なのは、

利益よりキャッシュです

 

このことは

昔から言われていますし、

いまさら論じる必要はないと思います。

 

しかし、現実問題として、

年初に比べて現預金が減っているのに

決算書の利益が出ているため、

納税を迫られてしまうということは

よくある話です。

 

この結果、

現預金が減少しているのにもかかわらず、

さらに納税によって現預金が減ってしまうため、

節税ができない税理士などに

苛立ちを感じてしまうのです。

 

では、

会社に利益が出ているのに

なぜ、現預金が減ってしまうのでしょうか

 

この原因を調べるために、

キャッシュフロー計算書」という

特殊な決算書があります。

 

この決算書についても、

ご存知の方は多いでしょう。

 

例えば、

年初に現預金が80万円あった会社が、

決算書で利益が100万円であったのにもかかわらず、

現預金が60万円に減ってしまったケースを

考えてみましょう。

 

このとき、税率を30%とすると、

納税が30万円になると

予想されます。

(100万円✖30%=30万円)

 

ここで、

利益の100万円がどこへ消えたのか

そして、利益を上回って

20万円も現預金が減ってしまったのは

なぜなのか

 

この原因を探らなくてはなりません。

 

この原因を解明するために、

この会社には

年初に借入金が200万円あって、

毎月10万円の返済をしていたとします。

 

このとき、

この会社の借入金の1年間の返済金額は

120万円です。

(10万円✖12か月=120万円)

 

こう考えると、

この会社の利益100万円は、

すべて借入返済に回ってしまったと

言うことができます。

 

さらに、返済金額が

100万円の利益では不足していたので、

年初の現預金を20万円食い込んでしまったと

考えることができます。

 

これを

「キャッシュフロー計算書」的にいうと

次のように表現されます。

 

1 営業キャッシュフロー 100万円の黒字

2 財務キャッシュフロー 120万円の赤字

3 差引 20万円の赤字

4 年初の現預金 80万円

5 決算時の現預金 60万円(3+4)

 

以上までは、

どこの会計事務所でも説明できますし、

計算できることです。

 

ここで重要なのは、

だから、どうした?

20万円もお金が減ったのに

税金を30万円も支払うなんて

馬鹿げてるだろう

ということでしょう。

 

ここで、大抵の返答は、

「そうなっているから

しかたがありません。

利益を増やしましょう。

売上は早期に回収して、

支払はできるだけ遅く支払いましょう。」

になってしまいますので、

何の問題解決になりません。

 

ここで、「年度資金」という概念が

登場します。

 

この「年度資金」は

中規模以上の会社であれば、

どこでもやっているし、

誰でも知っている財務戦略です。

 

この意味は、

「一年間に返済する借入金」

のことを言います。

 

この「年度資金」を調達すると、

上記の「キャッシュフロー計算書」は、

どうなるのでしょうか。

 

1 営業キャッシュフロー 100万円の黒字

2 財務キャッシュフロー +-0円でトントン

3 差引 100万円の黒字

4 年初の現預金 80万円

5 決算時の現預金 180万円(3+4)

 

つまり、会社の儲けが

まるまる現預金を増やして、

キャッシュリッチな会社に

生まれ変わります。

 

しかし、借入金の残高は減少しないため、

200万円のままです。

 

一方で、年度資金調達をする場合としない場合とで、

現預金と借入金のバランスは

以下のように健全化します

 

1 年度資金調達をしない場合

現預金 60万円

借入金 80万円(200万円-10万円✖12か月)

2 年度資金調達をした場合

現預金 180万円

借入金 200万円(200万円ー10万円✖12か月+120万円の年度資金)

 

この二つのケースを比較すると、

どちらの方が

先行き不透明な会社経営にとって

不測の事態に備えた経営が

できるでしょうか

 

さらに年度資金調達を繰り返すと、

次年度はこうなります。

 

現預金 250万円(180万円+100万円の利益-30万円の昨年の税金)

借入金 200万円(200万円ー10万円✖12か月+120万円の年度資金)

 

これによって、

現預金残高が

借入金残高を上回りました。

 

このことを、

実質的無借金経営

と言います。

 

しかし、

どんな会社も

このように上手くいくわけではありません。

 

このためには、

決算書を財務戦略上有利にしたり、

借入金をコントロールしながら

現預金残高を増やし続けたりなど、

数多くの財務手法を注ぎ込む必要があります。

 

このような財務戦略を深く知ることで、

年商2億円規模にもかかわらず、

実質的無借金の状態で、

1億円の現預金を保有することは

十分可能ですし、

実際にその事例を産んでいます

 

そもそも、キャッシュフロー計算書は

ただの結果にすぎません。

したがって、ここからは何も生まれません。

 

理屈は良いとして、それでどうすればいいの?

を解決できる財務戦略を身につけましょう。

 

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
The following two tabs change content below.
布井 健登

布井 健登

布井 健登

最新記事 by 布井 健登 (全て見る)