「決算書上の利益はあてにならない。

なぜなら、

そんなに会社のお金は増えていないから。」

 

こんなお話をよく聞きます。

 

そもそも、会社の現預金に余裕を持たせる理由は、

日々の運転資金に使うためだったり

不測の事態に備えるためだったりなど、

会社を存続させることを目的とすることが

一般的です

 

では、この「会社存続のための資金」は、

一体いくらあれば

安心できる額なのでしょうか。

 

この問いに対して、

弊社クライアントには

年商規模が2億5千万円であるにも関わらず、

現預金を1億6千万円も保有している会社があります。

 

この現預金保有高は、

年商の64%に当たりますので、

先行き不透明な経営環境において、

不測の事態が起こったとしても、

一年以上は耐えられる財務状況だと考えられます

 

しかし、決算書上の利益は

年商に対して2%程度なので、

ごく普通の会社です。

 

こう考えると、会社にとって

いかにキャッシュフローは重要であるか

ということになります。

 

ただ、どんなに黒字の決算書を出し続けたとしても、

このような財務状況を

一朝一夕で作り上げることは

できないように思えます。

 

しかし我々は、このクライアントに対して

このような財務状況を

2~3年で作り上げることができました。

 

このような年商規模が莫大ではなく、

ごく通常の利益額を出す

ごく普通の零細企業が、

2~3年という短期間で、

どのようにして巨額の現預金を

持つことができる様になったのでしょうか

 

これを理解するためには、

年度資金」という概念に対する理解が

必要になります。

 

この年度資金に対する理解と、

180°と言っていいくらいの発想の転換

さらに経営者のゆるぎない覚悟によって、

どんな会社も「安心現金保有高」を

達成することができる様になるでしょう。

 

では、「年度資金」とは

何なのでしょうか。

次回、解説していきます。

 

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
The following two tabs change content below.
布井 健登

布井 健登

布井 健登

最新記事 by 布井 健登 (全て見る)