私が、かつて

将来の経営について

煮詰まっていたころ

東京、大阪で

さまざまな学びをしました。

 

税理士として

コンサルタントとして

競合他社に埋もれることなく

どうしたら

売上を上げることができるのか。

 

恐らく、学びのために

ちょっとした注文住宅が

一軒建つくらいのお金と

通算すれば年単位の

時間をかけたことでしょう。

 

しかし、

このお金と時間をかけたことについては

何の意味もありません。

 

それだけ不安であったし

どうしても現状を打開しなければならないという

固い決意があっただけのことです。

 

こうしてついに、

たくさんのお金と時間は

運が良いことに

現在、営業いらずの売上を呼び込んでいます。

 

そもそも私が学んだことは

「売上の上げ方」のノウハウでは

ありませんでした。

 

私が学んだことは

「営業いらずの売上が舞い込む自分自身とは

どういう人間なのか」

についてでした。

 

そして、これを掴むために

さまざまなワークや課題に

取り組みました。

 

思い出してみてください。

 

前回のブログで、

「100個考えてください」

「質より量です」

「できない理由は禁止です」

などと書きました。

 

これらの課題は、

私の家一軒分のお金と

年を超える時間が生み出した

成果のエッセンスです。

 

しかし、

実際にペンをとって

この課題に取り組んだ人は

多分、ほんの1%くらいかもしれません。

 

あ、

「頭で考えました」ではダメですよ。

「紙に書く」のです。

徹底的に「書く」のです。

 

だからこそ、世の中には

成功者が少ないのです。

 

やってもやっても挫けず諦めず

課題をやり通せる人だけが

「営業いらずの売上」に

心から安心して感謝することができると

強く確信しています。

 

さて

この課題によって、

一瞬に成否が振り分けられました。

 

ここからは

ほんの1%の成功予備軍だけに

「あり方」を伝えてまいります。

 

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
The following two tabs change content below.
布井 健登

布井 健登

布井 健登

最新記事 by 布井 健登 (全て見る)