売上を作る際に

もっとも留意したいところは

「この売上は継続するか」

ということです。

 

このことは、

リピーターを作る

ということでもありますが、

もともとあなたの仕事が

リピートしやすい

ビジネス構造になっていないと

売上が変動しすぎて

困ってしまいます。

 

例えば、

飲食業のランチ営業などは

かなり混雑をする日や

空席が目立つ日など、

同じメニュー、サービスを

しているにもかかわらず

日ごとや月ごとに

大きく変動するものです。

 

これが、

毎日行列ができるほどの

人気店舗であれば

ある意味、

売上が安定して

継続しているといえます。

 

しかし、

なかなか

こう上手くはいきません。

 

したがって、

一定期間

一定の売上上昇があるような

「ビジネスモデル」も

考えていく必要があります。

 

そして、あなたの仕事に

「売上が継続するビジネスモデル」を

数本、もしくは数か所

盛り込んでおくと、

単発だけの売上に

一喜一憂する必要が

なくなります。

 

このようなビジネスモデルを

「ストックビジネス」

といいます。

 

このような

ストックビジネスを内包するモデルを

しっかり考えていきましょう。

 

財務戦略スクールでは

このようなストックビジネスの

考え方と作り方を

もっと詳しく

公開しています。

財務戦略スクールのご案内

財務会計コンサルティング・士魂商才グループでは、会社を存続・発展させるための財務戦略スクールを定期的に開催しております。

たとえば、

・年商2億円の企業で
・自己資本比率30%
・現預金残高1億円
・無借金経営

は決して不可能ではありません。

詳しくはこちらのページをご覧ください。


目からウロコ!社長のための非常識な財務戦略スクール

The following two tabs change content below.
布井 健登

布井 健登

代表社員税理士税理士法人 士魂商才.
『正義を貫く』理念のもと、『投資・回収・調達』をマネジメントし、節税より適正納税をしながら会社を守り、存続させ、成長させる財務コンサルティング業務を主体に、税理士業務まで行う財務コンサルタント。 実践主義を貫き、投資回収を3年以内に行う投資計画とともに資金調達をし、『投資・回収・調達』事例を3ヶ月で6件成功させる。 その他、企業グループ戦略、業務委託戦略、社内独立制度などを駆使し、『人を大事にし、育てながら会社の継続発展を実現する』社会性を持ったクライアントの育成創造に力を入れる。