お金に対する考え方に

正解・不正解はありません。

 

ただ、お金に対する思考方法によって

お金から遠ざかっていったり

お金から好かれたりする

会社があります。

 

例えば、

商品価値や過当競争の程度の高低によって

お金の入り具合は変わってきますが、

実は、

経営者の思考回路によって

売上は自在にコントロールできます。

 

そこで、これから

この思考回路を

2つご紹介します。

 

一つは、

お金に対するメンタルブロックです。

つまり、お金をいただくことを

意識的・無意識的に

避けてしまうことを意味しています。

 

これは、不思議と

一見儲かってるように見える経営者でも

根強く残っています。

 

どの場面に

どんな感情が働くか

慎重に自分を観察してみましょう。

 

2つ目は、

お金に対する自信です。

 

言い換えると、

もし明日から

あなたの商品サービスに

10倍の値段をつけるとしたら

どう感じるでしょうか。

 

「同業他社の相場があるから無理」

だとか、

「うちの商品はそんなに原価がかかっていない」

など、

「できない理由が」浮かぶようだったら

売上もお金も寄ってきません。

 

しかし、決して

顧客を騙すという

意味ではありませんよ。

 

ここまで簡単にサラッと

申し上げましたが、

実は、かなり奥深い思考回路です。

 

なぜなら、この思考回路は

人の生き方そのものだからです。

 

まさに、

「売上を上げる究極的なあり方」が

究極的である所以です。

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
The following two tabs change content below.
布井 健登

布井 健登

布井 健登

最新記事 by 布井 健登 (全て見る)