現在、個人事業主などの

確定申告が真っ盛りの時期です。

 

計算が終わると、

事業主の方と面談して

結果報告のようなものをします。

 

このとき、

ある事業主の方から

こんな質問がありました。

 

雇用をした方がよいでしょうか。

 

うーーん。

難しい質問です。

 

なぜ、難しいのかというと

究極的には

雇用をした方が良いのか

しない方が良いのかは、

事業主のビジョン次第だからです。

 

このビジョンは、

この事業主の生き方にも

深くかかわることです。

 

このそれぞれの生き方に、

私が影響を与えることは

できるかもしれませんが、

決定するのは本人なのです。

 

しかし、

それでは答えになりません。

 

ただ、一つだけ

言えることがあります。

 

それは、

人は一人では生きられない

ということです。

 

こう考えたとき、

例えば、

「あと売上が20万円増えたら

人が雇える」

とか、

「もう少し安定したら

パートでも雇ってみる」

など、

「タラレバ」を考えたら、

経営者人生は生きられません。

 

そもそも、このような思考では、

「経営者」という職業に

合わないと思います。

 

たとえ、

現在の月の利益が10万円であっても、

20万円の人件費を払うことによって

月100万円の売り上げを産む

努力をし続けることが、

経営者という人種です

 

したがって、

これを重荷と考えるならば、

一人で事業を継続した方が良いでしょう。

 

一方、少なくとも事業拡大を考えるならば、

もっと本気で力を発揮できる環境を

自らの手で作り出した方が良いのです

 

通常の考え方では、

現在の延長線上で

将来を見据える傾向が強いです。

 

しかし、

将来の理想を掲げて

未来の自分から現在に遡ってみたとき、

どうあるべきかを考えるという

思考方法もあります。

 

このとき、

自分は何を得て、

このために何を捨てるべきなのか。

 

例えば、事業主自身が

日々営業もして、

接待もして、

経理もして、

支払いや入金管理もして、など

こんな時間と能力の使い方では、

売上も資金繰りも

先が見えないと考えたとしましょう。

 

このとき、

「人がいたらな」と思うのでしょうが、

今の時点で先立つものがない。

 

さらなる不安として、

この先売上が下がったときに

人件費の負担が大きいため、

お金がもっと苦しくなるかもしれない。

 

これは全て、

失うことへの恐怖心」が

原因です。

 

ここで、逆に

未来の自分から遡って

現在の自分を鳥瞰してみると?

 

答えは、

自ずと明らかになります。

 

では、どうやって?

何が必要になるのか?

どんな方法があるのか?

どんな人からの協力が必要なのか?

 

こう思考を巡らせたとき、

「失うことへの恐怖心」は消え去り、

事業主自身が時間と労力を

一つのことだけに集中すべきだということが

わかってきます。

 

このように、

恐怖心という我を捨て去ることで、

人も魂も事業も

成長していくのだと思います。

 

この「捨てる意識」は、

経営者はもちろんのこと、

人として生きる者が

須らく幸せになるために

必要な魂だと思います。

 

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
The following two tabs change content below.
布井 健登

布井 健登

布井 健登

最新記事 by 布井 健登 (全て見る)