私は26歳まで、働かずに実家で受験勉強してました。受験費用捻出のために1日4時間だけコンビニでバイトしてたけど。

 

目的達成のためなら、かじれるスネはかじる。

 

そう思ってやってたけど、おじいちゃんから怒られたなぁ。大学出て、就職もせずに遊んでると思われてたから。

 

めちゃめちゃ悔しかった。でも親戚一同みなそう思っていたらしい、言わなかっただけで。

 

無理はない、その数年前に借金で家を売り迷惑をかけていたわけだから。。。本当なら大学も中退してでも、就職して家計を支えなければならなかったのかもしれない。

 

でも、当たり前だけどうちの両親だけはわかってくれて、かばってくれた。一緒に怒ってくれた。

 

あれは嬉しかったなぁ。

 

その年、4回目の受験でようやく合格。それから誰も何も言わなくなった。当たり前か。

 

でももし受かってなかったら今頃どうなっていたんだろう。

 

世の中、結果が全てなのかもしれない。どんなかっこいいことを言っても、成果がなければ負けだし。

 

26歳で恥ずかしげもなく実家に世話になっていたとしても、結果が出ればそれは信念を貫き通したことになる。

 

すねかじりの自分が恥ずかしかったし情けなかったし悔しかったから、頑張れた。原動力になったんだ。

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
The following two tabs change content below.
勝野 弘志

勝野 弘志

機械オンチ・戦略ニガテ・数字キライな女性起業家向けにビジネルモデル作り個別コンサルティングを提供。法人化など次のステップに進みたいと願う女性起業家から好評を得ている。