売上を上げるための究極のあり方とは?

私が何年も追求して得た「解」を

先に定義してみます。

 

それは

「自分の周りに『なになに?それ教えて』という人が自然に集まり、

教えると、相手から『ぜひお願いします』と求められる

営業いらずのあり方」

です。

 

この時点で申し上げます。

 

もし、この定義に興味が沸かなかったり

ありえないと感じた方は

このブログに合いません。

 

また、別の話題で

お会いしましょう。

 

ここからは、

少し聞いてみようかな、とか

なんだか興味があるかも、と

感じる方だけがお読みください。

 

まず、このあり得ないように感じるゴールですが、

やってみると、営業なんてしなくとも

売上をつくることは難しくないと確信できます。

 

よく巷であるような

クロージングだとか

営業話法なんて

ほとんど必要ありません。

 

しかし、ここに行きつくまでは

難しいし、

時間を要します。

 

ただ、行きつくと

とても経営は楽になります。

 

しかし、ここで

税理士ごときが

売上の作り方なんて知っているのか

という疑問が生じてくるでしょう。

 

そもそも税理士が

もっとも営業を苦手とする職種です。

 

だからこそ士業の人たちは、

新しい出会いを求めて

いろんな場に参加するしか

売上をつくる方法がないのです。

 

しかし、私は営業というものに関して

若い時から嫌いではありませんでした。

 

一方で、営業をしなければ

売上を上げることができないことに対しては

不安感や抵抗感を感じていました。

 

なので、営業し続けしなくても

売上が上がらないものかと

怠けた考え方が芽生えました。

 

そこで、自分が情報さえ流せば

「それ!お話を聞かせてください!」という顧客が寄ってきて

「こちらこそ!お役に立てるよう精一杯努めます」となるような

あり方を作り出したのです。

 

その結果、

税理士報酬のほかに

別の高額な顧問報酬をいただけるようになりました。

 

これらは全て

営業しなくとも

相手から求められて契約に至っています。

 

さらにいうと、

このあり方は

業種・業態・規模・地域を問わず

普遍的な点で

究極的な「解」だといえます。

 

しかし、意識しなければならないことが

一つだけあります。

 

これを、次回お伝えいたします。

この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!