武士の魂と商人の才覚を併せ持つ経営者を輩出するコンサルティング会社

お金を返さずに店舗を拡大して年商10億円を達成する財務戦略スクール

  • HOME »
  • お金を返さずに店舗を拡大して年商10億円を達成する財務戦略スクール

お金を返さずに年商10億円を実現するための方法を教えます

このスクールは、「お金を返さずに多店舗化を実現するための財務戦略スクール」です。

同時に、会社を絶対に潰さない、倒産させない社長のための、非常識な財務戦略を学ぶスクールです。

社長の力というのは資金力で決まります。

  • キャッシュがなければ安心して経営をしていくことができません。
  • キャッシュがなければアイデアがあっても実現することができません。
  • でも、キャッシュがあればアイデアを実現するチャンスが増えます。
  • これによって社長のできることが増えるのです。

だから、社長の力はキャッシュを残す、資金力で決まるのです。

資金力とは、決算書の現預金残高が持つ力をいいます。そしてそれは、

✔️ 資金を調達する力

✔️ 資金を回収する力

✔️ 資金を投資する力

の3つで構成されるものです。

このスクールで財務戦略を学ぶことによってあなたは、

資金調達の武器としての決算書の作り方と考え方

を手に入れることができるでしょう。

それを実行することによってあなたは近い将来、

無借金経営を実現し手元資金を潤沢にもつ

ことができるでしょう。

そしてつねに資金のゆとりをもって経営をしていくことによって、

アイデアを現実化し将来の成長や発展のための投資

をしていくことができるでしょう。

たった5日間のスクールに参加するだけで、会社を存続し、発展させていくための財務戦略を手に入れることができるのです。

財務戦略スクール詳細

第1講:(基礎編)調達決算書の知識編

第1章 なぜ財務戦略なのか

  •  財務戦略が必要な理由
  •  財務戦略とは
  •  決算書の目的

第2章 非常識な決算書の生かし方

  •  たくさんの資金を集めるコツとは
  •  決算書をどのように作るのか
  •  2期から3期分の決算書を並べる
  •  やってはいけない決算書を知る

第3章 財務戦略のために必要な決算書の常識

  •  決算書の種類とその意義
  •  損益計算書と貸借対照表との関係
  •  キャッシュフロー計算書と損益計算書・貸借対照表との関係
  •  調達決算書で心がけることとは

第4章 ここだけ知ればよい損益計算書の常識

  •  損益計算書の構造
  •  費用収益対応の原則、相対的真実性
  •  変動損益計算書とは(ストラック図表)

第5章 ここだけ知ればよい貸借対照表の常識

  •  貸借対照表の構造
  •  ワンイヤールール、流動性配列法、勘定式
  •  繰延資産や減価償却資産を考え直す

第6章 キャッシュフロー計算書の常識と非常識な使い方

  •  なぜ「損益」と「資金の増減」は食い違うのか
  •  資金増減の原因を3つに分ける
  •  実例でケーススタディをする

第2講:(存続編:その1)資金調達&借金を返さないメソッド編

第1章 会社が必ず生き残ることとは?

  •  利益より現預金が重要
  •  資金調達力を高める方法
  •  実質的無借金経営
  •  「儲け」の相対的な意味

第2章 金融機関について学ぶことで借りたお金を返さない

  •  信用金庫、商工中金、地銀、都銀
  •  日本政策金融公庫(国民生活事業と中小企業事業)
  •  運転資金と設備資金
  •  借りたお金を返さない

第3章 信用保証協会とプロパー、日本政策金融公庫について学ぶ

  •  信用保証協会とプロパー
  •  信用保証一般枠
  •  国民生活事業枠と中小企業事業
  •  優先すべき借り方と難易度の関係

第4章 (実践)金融機関交渉をシミュレーションする

  •  3種類の借入金一覧表で分析する
  •  金融機関交渉のためのポイントをつかむ
  •  ディスカッション

第5章 会社が存続する調達決算書について学ぶ

  •  いつでも資金調達ができることを意識した調達決算書を作る
  •  年商規模に応じた目標利益率
  •  もう一度減価償却の本来の意味を考える
  •  自己資本比率を考える
  •  預金残高の基準を作る

第6章 (実践)実際の調達決算書を考えてみる

  •  実際の調達決算書とはどういうものなのか
  •  調達決算書のポイントをつかむ
  •  ディスカッション

第3講:(存続編:その2)投資・回収・調達メソッド編

第1章 (実践)調達利益計画書について学ぶ(1時間)

  •  資金調達を意識した調達利益計画書を作る
  •  事業計画書を調達利益計画書に落とし込む
  •  調達利益計画書と調達決算書の事例討論をする(グループディスカッションとワーク)

第2章 調達利益計画書をつくる(2時間)

  •  ポイント

第3章 (実践)正しい投資回収の判断基準について学ぶ(1時間)

  •  調達利益計画を達成するために必要な投資額を考える
  •  自己資金は使わずに他人のお金で投資する
  •  投資回収の正しい判断基準ROIとは
  •  部門別・店舗別に利益計画書と試算表、決算書をつくる
  •  投資回収計画書の事例検討(グループディスカッションとワーク)

第4章 (実践)投資回収計画書をつくって正しい経営判断をする(2時間)

  •  ポイント

第4講:(発展編:その1)発展財務戦略の運用メソッド編

第1章 基礎・存続戦略を使った発展戦略の基礎

  •  ビジネスモデルと財務戦略は表裏一体
  •  財務戦略とは、投資・回収・調達を回すことである
  •  持つ軍資金と攻める軍資金
  •  振り返るな、立ち止まるな
  •  税務と財務と会計の関係
  •  財務の順回転と逆回転

第2章 貸借対照表から収益を生む発想を持つ

  •  会社の発展のための原理原則チェックリスト
  •  10億円経営者の考え方とは
  •  ビジネスをストック化させる
  •  優秀な人材を独立させて運用させる

第3章 発展戦略に欠かせない株式会社制度を学ぶ

  •  株式会社とは
  •  所有と経営の分離とは
  •  その他の株式会社制度の特徴
  •  法人と個人事業主との違い

第4章 年商10億円を目指す企業グループ戦略

  •  将来の外部環境を生かす
  •  株式会社制度をフル活用した【士魂商才版】企業グループをつくる
  •  砂時計のように小さな組織を結集させる(サンドグラス戦略)

第5章 貸借対照表で売上を生むFC戦略、サンドグラス戦略

  •  FC戦略の概要
  •  FC戦略による発展方法
  •  サンドグラス戦略の概要
  •  直営、FC戦略、サンドグラス戦略の違いと使い方

第6章 M&Aによる企業グループ戦略

  •  M&Aの意味と重要な役割
  •  会社を売る側と買う側の考え方
  •  M&Aのイメージ(買い手の目線で)
  •  売買価格をどのように算出するか

第5講:(発展編:その2)ビジネスモデル戦略編

東京でマーケティングを専門的に行う外部講師による

実践的ビジネスモデル構築の講義となります

 

戦略的に多店舗展開と仕組みを構築できる中小企業向け財務戦略スクールは、ここしかありません。

まずは、プレセミナーでリアルなイメージを実感してみてください。

 

財務戦略スクールの日程はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 税理士法人士魂商才 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.