武士の魂と商人の才覚を併せ持つ経営者を輩出するコンサルティング会社

姿勢から歪み改善や美しさの維持に繋がる

凛とした姿勢から生まれる自信やエネルギーが周りに伝播

ー 今日は、 美上質PRODUCTION代表の佐武裕子さんにお話を伺います。佐武さん、よろしくお願いします。

よろしくおねがいします。

オーダーメイドの姿勢改善プログラムで3000名以上を美脚診断

ー では早速、お仕事の内容をお聞かせくださいますか。

名古屋市を拠点に全国に美脚講師として活動しております。また、マナー講師としての活動や企業研修等も行っております。

ー 美脚講師?

はい。

ウォーキングをお伝えしておりますがその前に歩ける姿勢を作り上げることが必要と考えており、

上質な姿勢は土台から作り上げる=美脚が重要

ということを皆さんに知っていただきたくて、美脚講師と名乗らせていただいております。

ー 身体のバランスを整えるウォーキング、と言うことですか?

男性でもそうですが特に女性の場合、体の不調とか痛みとかボディーラインの崩れなどは姿勢の悪さが原因であったりします。

そういった崩れた姿勢から始まる体の歪みは、現代社会特有の日常生活の変化からくるとも言われています。

ですので、ウォーキングの前にカウンセリングでご自身の過去を振り返っていただくと。

よく驚かれますが、筋肉のつきかたは、学生時代の部活の種目で現状の姿勢に関係していると感じます。

特にふくらはぎや太ももの張りなどは顕著ですね。

そのため、鍛えるべき人、体を緩めることが必要な方などお一人お一人に合わせた改善方法をウォーキングを通じてお伝えしています。

ー 姿勢を矯正するところから始まるわけですね。

ウォーキングというとどうしてもモデルさんみたいな歩き方を学ぶと思われがちですが、私がおこなっているウォーキングはそうではありません。

姿勢の改善の為の、美脚作り、立ち姿勢、ブラッシュアップストレッチ、美脚ウォーキング、ハイヒールウォーキングとすすみ、

衰えていた筋肉を蘇らせることで、お客様の美容・健康、印象アップのプロデュースをしております。

ー オーダーメイドの姿勢改善プログラムですね。

これまで3000人の姿勢診断・美脚診断をとおして得た経験をもとに、独自のメソッドでウォーキングレッスンと認定講座、そして企業研修等で活動させていただいております。


MEMO

佐武裕子 / 美上質PRODUCTION 代表

名古屋を拠点に美脚講師として活動。自身の体の不調・病気を克服したウォーキング理論をオリジナルメソッドとして考案し展開。

少人数制によるウォーキングレッスン、認定講座のほか、地域医師会等の各種団体からのマナー研修や女性スタッフ教育なども受けている。

過去最高の「当たり前」を乗り越えるために頭をフル回転させたレクサス時代

ー 起業する前は何をされていたんですか?

2004年から10年間、ネッツトヨタ東名古屋株式会社に勤務していました。

レクサスブランドの立ち上げからスタッフの一員として携わり、LEXUS星が丘店でコンシェルジュを担当させていただいておりました。

ー レクサスの雰囲気、ぴったりですね!

ありがとうございます。

日々進化する店舗で、また本来ならお会いできないような方々とお話させていただける環境にあることも感謝の気持ちでいっぱいでしたし、大変やりがいのある仕事でした。

しかし車の事には詳しくないので時間があれば取説とにらめっこしてました(笑)。

また、星が丘店のアソシエイトはブランディングの1つで女性の髪型は夜会巻きと決められておりました。

今ショートヘアーがトレードマークの私ですが、ずっとロングヘアーをキープしておりましたよ。

ー レクサスといえば最高のおもてなし。

最高のおもてなし、私には毎日の課題と感じておりました。

どれだけパーソナルな対応、感動的な対応であっても、次回には当たり前の事に。

だからこそ目の前のお客様との時間を一瞬一瞬真剣に向き合いどこまでやれば、何をすればと頭はフル回転でしたよ。

ー なるほど。過去最高の当たり前を越えないといけないんですね。

お客様が笑顔になり満足していただいた結果、最高のおもてなしに繋がっていましたらありがたく感じます。

またその中でレクサスブランドや空間に見合う『姿勢』であったり『歩き方』であったり『笑顔』であったり 『立居振る舞い』であったり。

まずは自分の心をお客様に開くことの大切さなど。

自己成長させていただいた貴重な経験や学びも、現在の美上質PRODUCTIONの礎になっていると思います。

ー レクサスで育てられた。

現状一つ違うことと言えば、お客様の為ではなく自分の体の為に姿勢を磨く事へと変わったことでしょうか。

しかし結果は同じでした。

凛とした姿勢は自信やエネルギーを感じる、やはり綺麗だとまわりの方を笑顔にしたり、やる気度をアップさせたりと、良い影響力はあるようです。

ー 確かに。で、ウォーキングに出会ったきっかけはなんだったのですか?

初めは社会人になるため、女性としてのたしなみとしてブラッシュアップ講座に通い始めました。

その中にウォーキングインストラクターコースがあり学んでおこうとか受講させていただきましたが、

この時点ではウォーキングの講師として活動する事ではなく、接客応対の質を高めるために知識を身に付けておきたかったのがきっかけです。

ー なるほど。

小学生のときに背骨が湾曲する側弯症(そくわんしょう)と診断されて、毎週接骨院や整体に通っていたんです。

中学生の時には、身体が疲れやすい状態となり、背中が痛い、起きれないと悪循環が続き入院したこともあります。

後から分かったのですが姿勢の悪さ(私の場合は骨の歪み)が原因の要因でもあったようです。

ー 意外と苦労されているんですね(笑)。

意外と苦労しているんです(笑)。

それから、社会人になって働き始めてハイヒールを履きはじめると、更に体に負担がかかるようになって足の指はタコだらけ、脚は浮腫み、腰が痛い。

でもこれって頑張って働いてる証拠でしょ?なんてとんだ勘違いをしてましたね。

ー 痛みは頑張っている証拠、と思い違いをしていたと。なんにせよ大変でしたね。

いやあ〜まだまだ痛みとの生活は続きます(笑)。

その後、結婚・出産。

長男出産後1か月経過したころ、元来の姿勢の悪さに加え、抱っこや授乳による長時間のなれない姿勢や猫背の姿勢で体に負担がかかり過ぎ、全身の激痛に苦しむようになり、毎日腰痛・頭痛・吐き気が続きましたね。

なので二人目妊娠を機に、妊娠中の服装、姿勢〜産後すぐからのストレッチ、子育ての姿勢など、以前取得していたウォーキングインストラクターの資格を活かし、

姿勢を徹底的に改善した生活習慣のプログラムを作成して意識改革のスタートです。

成功の秘訣(1)

本来なら会うことができないような層の顧客。

最高のおもてなしもいつか当たり前になり、感動も少なくなる。その中でいかに顧客と向き合い、瞬間を大切にできるのか?

それが笑顔であり、歩き方であり、立ち振る舞いであり。それが美上質PRODUCTIONの基礎を作り上げている。

本人が気づかない癖を瞬時に見抜くからこそ、悩み改善もスピードアップ

ー ウォーキングインストラクターの資格を持っていたんですね。

レクサスの前は、リリーエンジェルスという名古屋市の消防音楽隊に所属しておりました。

そこでは市民の方に演奏、演技を通じて防火・防災・救急など消防各分野におけるPR活動を行っておりまして、私はその中のカラーガード隊で、大きな旗で演技する部隊におりました。

魅せるお仕事なのでウォーキングや姿勢にはちょっと自信があり、指導者にも興味を持ったわけです。

ー なるほど。でも姿勢の歪みと体の痛みはそんなに関係があるのですか?

痛みの原因は体の歪みだけでなく筋肉の衰えも原因と考えております。

・日々楽な姿勢ばかりしている=筋肉が衰えている

・身体に優しい上質な姿勢=随時衰えやすい筋肉に刺激を与えている

どちらの姿勢をするかで痛みが続いたり、緩和できたりすることは間違いありません。

だからこそ見直していただきたい、日常生活の姿勢の癖を!

ー 日常生活の癖。

実は毎日のことだから自分の姿勢の癖はなかなか気が付けなかったり。

私のレッスンの選ばれるポイントはその気付けない癖を瞬時に見抜くことを得意としているので、お悩み改善のスピードが上がり、変化を身をもって感じて頂けます。

腰痛や頭痛、膝の痛みから解放された方たくさいらっしゃいますよ。

ー 体のゆがみと筋肉の衰えを改善することで、そういった痛みからも解放されると。

私も次男出産後、体の軸をととのえるストレッチから始め、呼吸法なども取り入れて生活習慣を整え始めたら、それまで感じていた体の不調や痛みから不思議と解放されていきましたから。

それだけではなくて、出産前よりもボディーラインが引き締まったり、代謝がアップして体重もスムーズに落ちたり、出産1人目とは正反対の嬉しい日々を過ごしております。

だから、ウォーキングと言ってはいますが、「美しい歩き方」や「魅せ方」ということではなく、

「美しい姿勢」「理にかなった姿勢」を身につけることで、結果として痛みを改善したり、ダイエットにもつながったり、上品な立ち振る舞いに繋がったりしているわけです。

ー なるほど。

なので、始めは自宅で産後ママ向けのウォーキングレッスンからスタートさせました。

名古屋でも開催希望をいただくようになって会員様もだんだんと増えて、これまで3000人以上の美脚診断をしてきた経験が、

独自メソッドである「リピュア姿勢」&「HIROKO STYLE WALKING」となって、現在に至ります。

いつまでも美しくありたいと思う気持ちはいくつになっても変わらない

ー お客様はどういった人たちが多いのですか?

30代から60代の女性のお客様が中心です。

ー 佐武さんご自身よりも年上の方が多いってことでしょうか。

そうですね。

私の場合は背骨が曲がっていましたので幼い頃から症状がでておりましたが、やはり体の不調を感じたり、代謝が悪くなったなぁと気が付くのが40代からなのだと。

またいつまでも美しくありたいと思う気持ちは何歳になっても変わらないことだと。

その手段に姿勢改善の必要性を感じて下さる方が増えております。

またビジネスで活かしたい方やその道のプロフェッショナルな方にも選ばれております。

たとえば、お料理教室主宰者、ヨガインストラクター、マッサージやエステシャン、保育士、看護師など。姿勢はお仕事の場面でも活かせますから。

ー そのお客様たちは、何を求めて佐武さんのもとへいらっしゃるのでしょうか?

一番直接的には、長年のO脚を治したいとか、足が痛くならないハイヒールの歩き方を学びたいとかなど興味をもって下さったり。

また、いつまでも若々しくカッコよく歩きたいとか、いろいろ体に良い事を試してみたけどおもうような結果が出ず姿勢が一番大切なのかもしれないと気付いてお越しになる方も。

激しい運動は無理かもしれないけど、歩くだけとかなら自分にもできるかも?とはじめてくださる方も多くいらっしゃいます。

ー あるでしょうね。

運動が苦手とか体力に自信がないとか、そんな風に悩んでいらっしゃる方にもおすすめです。

ウォーキングは全身運動ですから。

比較的若い世代だと、たとえば30代の方は60歳になっても美しくありたいと事前投資のためにいらっしゃいますし。

40代の方は、筋肉の衰えを感じていたり体型の崩れを戻したいとおもっていたりするようですね。

ー なるほど。

3000人からの美脚診断から私が発案致しました『リピュア姿勢』で、今まで正しい思っていた姿勢が逆に負担をかけていたこと、無意識だったこと、ご自分の癖に気づいて頂き、

新たにリピュア姿勢でトータルバランスを整えることができます。

ー リピュア姿勢?

リピュアというのは「リバース&ピュア」という意味の造語です。

「後ろ回転」を意味する「リバース」と「純粋、まじりけのない」の「ピュア」ですね。

ー 後ろ回転?

たとえば姿勢を美しく保とうとした場合、多くの人は胸を開く。目線を上げる。お尻を締める。

どこか一箇所だけに力を入れて変えようとしませんか?それが普通。

しかし、本当の上質な姿勢を作り上げるためには、上半身と下半身を連動させる筋肉の動きが必要なんです。

そのために足の筋肉の使い方を内旋から外旋へ=後ろ回転とわかりやすくお伝えしています。

歩く時も前足に重心がかかり膝が曲がってしまう方もよく見かけますが、私がお伝えしているウォーキングでは後ろに重心をかけお尻の筋肉も味方につける歩き方を指導しております。

ー それがリピュア姿勢を取り入れたオリジナルレッスン。

リピュア姿勢を日々意識することで、体の痛み、歪み、浮腫み、などを改善の道へと導きます。

レッスンではウォーキングに合わせて肩甲骨ほぐしや、体の柔軟性、衰えやすい筋肉強化もトータルでできるブラッシュアップストレッチも個々のレベルな合わせて取り入れています。

立つ、座る、歩くは日常から取り入れやすいので変化がでるのが早いのも魅力の一つです。

また5名ほどの少人数制も好評いただいているポイントです。

ー お客様の反応はどうですか?

「私が求めていたウォーキングレッスンに出会えてよかった」、と言われることが多いでしょうか。

あとは、「今までパンツばかりでしたが、スカートも自信を持って履けるようになりました」とか、

「ハイヒールでのお出かけやドレスアップの楽しみが増えました」といったような、オシャレができるようになったというお喜びの声。

その他、「足も美脚になりむくみもスッキリで驚きばかりでした」、「腰痛や下半身太りが姿勢で改善されました」など、体の不調が改善されたというお声。

「自分ではきづけない重心の位置や癖を教えてもらえてよかった」といった感想などもいただきますね。

成功の秘訣(2)

美脚講師、ウォーキング1本で活動している佐武さん。

「あれもできる、これもできる。」と、起業初期はなんでもできることをアピールしがちですが、彼女は完全に一つに絞り込んでいます。それほど、彼女のウォーキング理論は奥が深いといえます。

絞るから奥行きが出る。深みが出る。絞るから尖るし、尖るからこそ刺さる。

体験レッスンは毎回満員御礼、美上質会員も100名に

ー いつまでも健康で美しくありたいと願う方はどのように身体をケアされているのでしょう?

美しく歩きたいとか、ハイヒールを諦めたくないという女性は、ストレートに「ウォーキング」を探すと思います。O脚を治したいとかもそうですね。

体の不調を感じる人はマッサージ。ボディーラインが気になるかたはエステ。

体力不足・運動不足を感じる人はトレーニングジムやヨガとか。

不調を通り越して痛みがある人はもちろん病院や接骨院とかですよね。

皆さん症状に合わせてケア方法がわかれますが、でも実は身体の歪みや癖からうまれたものが多いんです。

ー  だからこそ、ウォーキングをしながら姿勢リセットができる佐武裕子のレッスンが選ばれるんですね!

姿勢は一度身につければ『一生モノ!!』

時間やお金もかからず日常生活の立つ、座る、歩くを意識するだけでも歪みにくい身体を日々作ることができますから

ー そういったお客様たちが佐武さんの元に来られるのは、なぜなんでしょうか?

歩き方の前の姿勢リセット方法の基礎からしっかり学べるプログラム構成やこだわりが多いところ。

あとは、綺麗な先生から習いたいという思いもあるようで、刺激を求めて来て下さる方も、女子力が上がるようです(笑)。

ー わかります(笑)。説得力もありますよね。

外見ももちろん大事ですけど、中身も(笑)。

やはり、私自身が若い頃から側弯症で身体の痛みに苦しんできたという経験、そしてそれを克服してきたという実績と理論。

それから、レクサスで培われた上質な立ち居振る舞いとか笑顔とか。

ー 無敵ですね(笑)。まずはじめに体験レッスンがありますよね。

はい、随時開催しております。

そこでは、はじめにカウンセリングシートを使い、簡単な姿勢診断を行います。

実際に写真で確認していただきながら、ご自身の脚の形や姿勢、バランスをみていきます。

その後はインナーマッスルを使ったウォーキングレッスンですね。全部で90分のコースになります。

ー なるほど。

Facebookやブログで情報を発信しているので、そちらをご覧になった方が体験レッスンに申し込まれます。

で、体験レッスンを受講されて、皆さん驚かれます(笑)。

ー 驚く?

歩くのってこんなに大変だったのか、と(笑)。

というか、今までの自分の歩き方は何だったんだろう?、と驚かれるって感じですね。

関節の硬さとか、筋肉不足や、バランスの悪さとか。そういうのをご自分の身体で実感できますから。

ー 課題が見える。

ただ何度も歩くレッスンではなく、1歩1歩の脚の流れ、体の動きを見て歩ける体の軸を作り上げる為ボディータッチをしながらその都度修正する。そういうパーソナルな対応も選ばれるポイントかもしれません。

美脚理論を活かしたウォーキングをすることで、鏡に映る自分の姿が美しく変化することを楽しんでいらっしゃいますね。

おかげさまで、現在は体験レッスンは毎回満員御礼です。

ー クリスマスパーティも好評ですね。

毎年レッスンの成果発表を兼ねて、名古屋で女性が輝く自分にご褒美Dayとして、ドレスアップとフランス料理を楽しめるパーティーを開催してます。

去年のクリスマスパーティは名古屋ストリングスホテルで開催し、90名もの方にご参加いただきました。今年も企画しますのでぜひ女性限定ですが楽しみにしててくださいね!

成功の秘訣(3)

手軽さが選ばれるポイント。

歩くことくらいならできそう。と思い込んでいる参加者にとって、その常識を覆すものがあるとそこに引き込まれる。

人は何に悩んでいるかはわかっていても、その原因をわかっていない。じつは姿勢に原因があることを、プロとして指摘・指導することではじめて、顧客からの信頼を得ることができる。

身体に優しい姿勢を広めて魅力溢れる女性をふやしたい

ー みなさん、鏡の中の美しく変化していく自分に喜びを感じるわけですね。

この仕事を始めるようになって、とにかくO脚に悩む女性が多いってことに気づかされたんです。

毎回初めに皆さんに聞くことがあります。

「ご自分の足の形、後ろ姿に自信はありますか?」

ほとんどの方が「ないです。そして見たくない・・・」

鏡を避けてきた方も多いのでは?

しかしレッスン後には全身鏡買ってきます!!と。

足の流れがみるみる美しくなると自信があふれ出す、綺麗な自分を毎日確認したくなる。

360度どこからみても美しい女性でありたい。魔法にかかったように一瞬で心変わりが。

ー 綺麗になっていくんですね。

教えている私がその変化のスピードにいつも驚かされてますよ。

ー なるほど。

脚が綺麗になって自信がつくと、受講生の方たちも前向きにいろいろチャレンジされるようになるんです。

今まで避けてきたお洋服(スカート)やドレスアップを楽しむなど、多くの生徒さんの輝きを増す姿を見せていただきました。

ご自分の魅力UPにもしっかり繋がっているのです。

ー 自信さえつけば、自ら動けるようになるんですね。

そうやって美脚診断とウォーキングを重ねる中で、私の理論や方法が間違ってないことに確信を持ちました。そうすると、街を歩く女性の歩き方や姿勢の悪さが目について仕方ない(笑)。

ー 片っ端から直したくなる?(笑)

以前はそうでしたけど、いまは仕方ないな、と(笑)。一人では到底できないですし。

でもやっぱり、こだわりのリピュア姿勢とか体に優しい歩き方とか、そういったものをちゃんとお伝えできるようになりたい。

日本の正しい姿勢とは=リピュア姿勢となるように企業研修や小さなお子様の教育の場など活躍の場を広げたいな、と。

もちろん私一人では限界があるため美上質姿勢アドバイザーを育成し、美脚理論と姿勢のリセット方法を教えれる人を増やしていきたいですし、そのために必要であればメディアにも出演できるようにアピールしていけたらと考えてます。

ー 正しい姿勢がすべての土台。

現状の皆さんの常識と思われている姿勢の整え方では姿勢改善に繋がらないのではないかと感じております。

なぜなら、胸を張るとか、糸でつられたようなイメージの姿勢とか。正しいと思われている姿勢は無理に力を入れてしまい、逆に疲れてしまいますからね。

姿勢が悪いよ!と注意してくださる環境も減ってしまったような、また、年々若い年の方でも筋力が衰えだした世の中だからこそ、姿勢の重要性を学ぶ環境が必要だと、考えています。

ー 確かにそうですね。ハイヒール離れも気になりますね。

そうですね。最近ペタ靴の方を楽だからと選ばれるかたも多いですよね。

しかし皆さんのハイヒールへの憧れの気持ちは冷めてないとも感じてます。

女性のためのアイテムであるハイヒール離れが少しでもストップできるように、疲れない・痛くならないハイヒールレッスンも好評です。正しく歩けるとハイヒールは敵ではなく味方につけれますよ。

更に魅力溢れる女性になれる。そんな自信溢れる女性をたくさん増やしていきたいと。

ー なるほど。女性が綺麗で元気だと周りも元気になれますからね!今後の発展を期待しています。今日は貴重なお話、ありがとうございました!

編集後記

撮影日 2017年06月07日
聞き手 勝野弘志・大野裕子
撮 影 臼井さや香

佐竹ひろこさん

美上質PRODUCTION / 代表 佐武裕子

小学生の頃より背骨が湾曲する側弯症と診断、毎週接骨院や整体に通う。

中学生の時には、姿勢の悪さが原因で身体が疲れやすい状態となり急性肝炎で入院。

社会人となり働き始めハイヒールを履きはじめると更に体に負担がかかり、腰痛・頭痛・吐き気に悩む日々を送る。

その後、結婚・出産。

長男出産後1か月経過したころ、元来の姿勢の悪さに加え、抱っこや授乳による長時間の猫背の姿勢で体に負担がかかり、全身の激痛に苦しむように。

二人目妊娠を機に以前取得していたウォーキングインストラクターの資格を活かし、姿勢を徹底的に改善した生活をスタート。

次男出産後は出産1日目からできる呼吸法や自分でできる美軸ストレッチを開始すると、すべての体の不調から解放され、産後前よりボディーラインが整い、代謝がアップしたことにより体重もスムーズに落ちる経験を得る。

2014年、今までの経験を活かし美上質PROPRODUCTIONを立ち上げ。

LEXUS勤務時代に身に付けた上質な『姿勢』『歩き方』『笑顔』『立居振る舞い』の必要性を確信し、輝く女性を増やすために美脚ウォーキング講師として活動を開始。

3,000人以上の美脚診断で生まれた独自のメソッドである「HIROKO STYLE WALKING」レッスンを開催する。

現在までに延べ2,000以上にレッスンを行い、猫背やO脚の悩みにこたえ、体験レッスンは日程公開後即満席状態が続く。

また、企業や法人からの依頼を受け、エグゼクティブマナー講師として、新人研修や女性スタッフの方へ女性スペシャリスト教育を行っている。



この記事は役に立った!そう思ったらメルマガ登録!

こちらで定期的に起業家向け情報を発信しております。とりあえず登録してください、解除は一発でできますから!
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 税理士法人士魂商才 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.